補助金・助成金から

事業資金を補助金で集める

事業資金の調達には色々な方法がありますが、それらのなかでポピュラーなのが補助金を利用することです。特に便利なのが新しく事業を始めたいと思っている方に支給される補助金で、100万円から最大200万円もの額が支払われます。これは画期的なアイデアや既存の技術を有効に用いることによって、社会に多くの雇用や需給を促すことができると判断された事業に対して適用されるのです。申し込み方法はウェブ上にあるサイトもしくは郵送にておこなうことができ、各地域に定期的に相談会が開かれることもあります。また小規模の事業者を対象にした補助金制度も充実していて、最大50万円まで支援を受けることもできます。こちらは郵送での申請となっており、事前に商工会議所に特別な書類を作成してもらう必要があります。

助成金で事業資金を集める

事業資金を集める方法の一つに、助成金を利用することが挙げられます。例えば社員のキャリアアップを目指した助成金では、該当者一人につき、会社に対して60万円が支給されます。条件は半年以上その会社で働いたパート社員および契約社員を、正社員に転換し、なおかつその後も半年以上雇用し続けることです。これは会社だけでなく非正規労働者に対してもメリットのある助成金であり、多くの企業や被雇用者に利用されています。申し込む際には事前に必要な書類を作成し、最寄りの労働局に提出します。他にも、地方の中小企業を応援する目的で設立された助成金もあります。これはファンド形式のもので、支給額や申し込み方法は各都道府県ごとに異なっています。